郵便局 バイト 体験談

郵便局のバイト体験談3|郵便局には郵便局の掟があるので注意を

私は郵便局で内勤のアルバイトをしていました。
郵便局の仕事は楽だ、という声をよく聞きますが、
私が見る限りは配属された課(仕事内容)によると思います。

 

仕事自体は単純作業が中心ですが、どの課に所属するかによって、
例えばかなりの力仕事が待っていたり、窓口業務に当たると、
社員と同じようにお客さんの対応をしなければなりません。

 

ですから、一概に楽な仕事は言えないと思います。

 

仕事自体は基本的に単純な作業が多いですから、
そういった仕事に耐えられない人は、精神的にきついでしょう。

 

それから予想外だったのが、アルバイトにもさまざまなノルマがあること。
年賀状とかカタログ販売とかですね。

 

なんで、独身の人や学生など、
そういったノルマをクリアしにくい環境にある人は、
上司から言われるだけでなく、バイト仲間からも厳しい視線を浴びせられます。

 

仲間外れにされたり、みんなが嫌がるような仕事をさせられたりするので、
そういったことをうまく超えられる人でないと、きついかもしれません。

 

ある意味、独特の人間関係が出来上がっているのが、
郵便局内部だと感じました。

 

給料ですが、一般には安いというイメージかと思います。
でも通った分だけの交通費が支給されますし、
年休が取れ、ボーナスがあり、残業には割増賃金が支払われます。

 

それに契約期間中なら、よほどひどいことをしない限り
くびになることもありません。

 

そういったことを考えると、決して安くはないし、
かつ安心感のある職場だと思います。

 

唯一のハードルは人間関係の掟に
耐えられるかどうかだけですね、たぶん。

 

 

郵便局はそれなりに楽しい職場です

 

年末年始のみでしたが、郵便局のアルバイトをしました。
暖房が充分に効いていて、時間帯によっては暑いくらいでしたね。

 

仕事の進み具合によっては残業になることもありますが、
逆に早く帰れる日もあります。

 

慣れてくると、どこに何があるか分かるようになり、
仕事がスムーズに進むようになったのを覚えています。

 

時間とともに徐々にパートさんとも仲良くなっていきました。
なので、けっこうかわいがってもらえて、
それなりに楽しい職場だったと思います。